Featured Article

獣医師コラム:【コロナウイルス】犬と猫が感染するコロナウイルについて

獣医師コラム:【コロナウイルス】犬と猫が感染するコロナウイルについて

新型コロナウイルス(2019-CoV)が問題となり、動物病院では「新型コロナウイルスはペットに感染しますか?」や

「犬の(猫の)コロナウイルスは人に感染しますか?」と言った質問を受けることが増えました。

新型コロナウイルスの感染源は野生動物の可能性が考えられています。

ヒトからヒトへの感染は認められていますが、

今のところペットからの人への感染や人からペットへの感染はないと考えられています。

また、犬コロナウイルスや猫コロナウイルスは種特異性が高く、人に移ることはありません。

今回は犬のコロナウイルス、猫のコロナウイルスについて詳しく解説したいと思います。

 

犬コロナウイルス

犬コロナウィルス

犬のコロナウイルスは軽度な胃腸炎を引き起こします。

子犬は適切な処置を受けなかった場合死亡することもあります。

 

・症状:食欲不振、嘔吐、下痢、脱水と言った症状が出ます。

・診断:臨床症状、抗体検査、PCR検査で検査可能ですが、他の腸炎に比べ軽症であるため確定診断まで行うことはあまりありません。

・治療:特異的な治療法はありません。輸液や消化管運動調節薬を使用した治療を行います。時間の経過によってほとんどは回復します。

 

猫コロナウイルス

猫コロナウィルスとは

猫のコロナウイルスは猫腸コロナウイルス(FECV)と、猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)が知られています。

両ウイルスは区別が困難で違いは病原性のみです。

FECVFIPVに突然変異を起こすとが考えられていますが、詳しくはわかっていません。

 

●猫腸コロナウイルス(FECV

・症状:成猫では無症状のことが多く、子猫では一過性の下痢と発熱を引き起こします。

・診断:抗体価検査によって検査可能ですが猫腸コロナウイルスを診断する意義は少ないとされています。

・治療:特異的な治療法はありません。輸液や消化管運動調節薬を使用した治療を行います。予後は良いです。

 

●猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV

発症した猫のほとんどが死亡する致死率の高い感染症です。

・症状:症状は非特異的です。食欲不振、体重減少、発熱、嘔吐、下痢、可視粘膜の蒼白、黄疸、胸水・腹水の貯留、眼炎、神経症状などが認められます。

臨床症状より胸水・腹水が貯まるウエットタイプと胸水・腹水は貯まらず眼炎や神経症状を示すドライタイプ、両方の混合タイプに分類されます。

・診断:臨床症状に加え、高タンパク血症、アルブミン/グロブリン比、猫コロナウイルス抗体価の上昇、高γグロブリン血症、血液や胸水・腹水からウイルスの遺伝子検査など、検査結果を組み合わせて診断します。

・治療:完全な治療法は確立されていません。プレドニゾロンやインターフェロンを投与する治療を行います。猫コロナウイルスはアルコールで死滅するので消毒を徹底することも重要です。

 猫伝染性腹膜炎の朗報

不治の病と言われてきた猫伝染性腹膜炎に朗報です。

2019年にGS-441524という抗ウイルス薬が猫の伝染性腹膜炎の治療に安全で効果的な治療法であると発表されました。

この薬はまだ製品化されていないため国内では入手できません。

海外ではこのGS-441524を含むサプリメントが猫用に販売されています。

日本でも自己責任とはなりますが個人輸入をして獣医師の診察、指示のもとで伝染性腹膜炎の猫に治療を行っている方もいます。

伝染性腹膜炎から良化されている猫もいるようですが、国内未承認の薬であるため薬代が高額と言うデメリットのあるうようです。

GS-4441524の製品化が待たれます。