Featured Article

獣医師コラム:【ワクチンの疑問】ワクチン接種は毎年必要?

獣医師コラム:【ワクチンの疑問】ワクチン接種は毎年必要?

ワンちゃん、ネコちゃんが感染症にかからないようワクチン接種をして予防することはとても重要なことです。しかし、ワクチン接種は感染症予防というメリットだけでなく、ワクチン接種により発生するアレルギー反応などのデメリットもあります。

多くの飼い主様は病院からワクチン接種の案内のはがきが来たから、ペットホテルやドックランで1年ごとにワクチン証明書が必要だから、と言う理由でワクチン接種されているのではないでしょうか?

そこで、ワクチンの5種6種8種って?何種のワクチン接種がいいの?ワクチンで起こる副作用は?ワクチン接種は毎年必要なの?ワクチン接種をしなくて済む方法はある?などの疑問にお答えいたします。

 

ワクチンの〇種って?

予防できる病気の数がワクチンの何種に当たります。

犬5種なら5種類の病気を予防できるということです。

 

 何種のワクチンがいいの?

ワクチンの種類は?

◎ 犬のワクチン

生活環境にかかわらずすべてのワンちゃんが接種すべきワクチン

・狂犬病

・犬ジステンパーウイルス

・犬パルボウイルス2

・犬アデノウイルス2

◎ 生活環境、生活様式によって該当するワンちゃんのみ必要なワクチン

・犬パラインフルエンザ

・レプトスピラ

・ボルデテラ

 

◎ 猫のワクチン

生活環境にかかわらずすべてのネコちゃんが接種すべきワクチン

・猫汎白血球減少症ウイルス

・猫ヘルペスウイルス2

・猫カリシウイルス

◎ 生活環境、生活様式によって該当するネコちゃんのみ必要なワクチン

・猫白血病ウイルス

・クラミジア

・狂犬病

*生活環境、生活様式によって該当するとは集団飼育、感染症発症地域、屋外飼育などの理由で接種が必要と判断されることです。

 

ワンちゃんの場合5種・6種を接種するか、8種にするか、ネコちゃんの場合3種にするか5種にするかは生活環境、生活様式によって変わります。かかりつけの先生に自分の子は必要性があるか相談して決めましょう。

 

 ワクチンの副作用は?

ワクチン接種後の副作用の発生率は犬0.63%猫1.25%、そのうち命にかかわるアナフィラキシー症状の発生率は犬0.072%0.019%との報告があります。

副作用の種類

アレルギー、アナフィラキシー、免疫介在性溶血性貧血、免疫介在性血小板減少症、ブドウ膜炎、全身性血清病、肉芽腫、脳炎、多発性神経根炎、皮膚肉芽腫、肉腫、発熱、流産、不妊、先天性奇形などがあります。

 

 ワクチン接種は毎年必要なの?

ワクチンは何種類必要なの?

実は・・・ワクチンの追加接種が1年ごとでも3年ごとでもワクチンの効果に有意差がないことが明らかになっています。

世界小動物獣医師協会のワクチン接種ガイドラインでは

・犬ジステンパーウイルス

・犬パルボウイルス2

・犬アデノウイルス2

・猫汎白血球減少症ウイルス

・猫ヘルペスウイルス2

・猫カリシウイルス

・猫白血病ウイルス

これらのワクチンは幼若期のシリーズの1年後に接種したあとは3年(種類によっては3年以上)間隔での追加接種を推奨しています。ガイドラインでは3年間隔とされていますがワクチン接種1年後に抗体価検査を行ったら抗体価がないという子も時々います。後で解説する抗体価検査を実施してから接種間隔を決定することが良いと思います。

*レプトスピラ、犬パラインフルエンザやクラミジアは毎年接種となっています。狂犬病は法律で1年ごとに接種が義務なので、毎年の接種が必要です。

 ワクチン接種をしなくて済む方法はある?

前年度のワクチンで副作用がでてしまった子やアレルギーのある子の飼い主様がよくされる質問です。また、トリミングやペットホテル、ドックランを利用するため1年ごとにワクチン証明書が必要となることがありますが、免疫がしっかりある子に毎年ワクチンを接種することは副作用の面からも推奨されません。

そのような場合、抗体価検査という方法があります。血液を採り病原体に対して防御可能な抗体をしっかり持っているかを検査します。防御可能であった場合、抗体価検査結果が証明書となります。抗体価がある場合、3年間隔のワクチン接種でも安心です。

検査することで不必要なワクチン接種を避けることができますが、この検査で抗体価がないとなればワクチン接種が必要となります。かかりつけの先生にご相談ください。

 

 

参考文献

犬と猫の治療ガイド

WASAVAワクチネーションガイドライン