Featured Article

獣医師コラム:ネコちゃんを迎える準備

獣医師コラム:ネコちゃんを迎える準備

ネコちゃんを迎える前に必要なアイテムを事前に準備しましょう

 

 準備リスト

◎ 食器・水飲みボウル

フード入れは小さめのものを、水入れは深く大きめのものを用意しましょう。ネコちゃんは水をあまり飲まない習性ですが、あまりにも水を飲まないと下部尿路疾患に罹りやすいのです。食器はネコちゃんが気に入る素材を選び、新鮮な水をいつでも飲めるようにしておきましょう。

 

◎ フード

フードは総合栄養食と表記されているもので、年齢にあった物を選びましょう。ドライフード、ウエットフードにはそれぞれメリットがあります。どちらも食べられるようにしておくと良いでしょう。急なフード変更は食べないこともあるので、譲渡先などでもともと食べていたフードを確認しておきましょう。

 

◎ トイレ・猫砂・消臭剤

トイレはネコちゃんの体格の1.5倍以上の大きさで、ネコ砂をたっぷり入れられる物を選びましょう。トイレの数は飼育されている猫の頭数+1個が理想です。ネコ砂が飛び散らないカバーがあるタイプのトイレは臭いがこもり、ネコちゃんが不快に感じることもあります。カバーなしのトイレがおすすめです。スプレー行為や粗相をされてしまった時などに消臭スプレーがあると便利です。

 

◎ ケージ

慣れるまではケージを用意して落ち着くスペースを作ってあげると、安心することができます。

 

◎ ベッド

安心して寝られる寝床を作ってあげましょう。

 

◎ 爪とぎ

ネコちゃんは爪を研ぐ習性があります。家具などで爪とぎをされないよう爪とぎを用意しましょう。

 

◎ キャットタワー

ネコちゃんは上下の運動が必要です。また、高い場所にいるとネコちゃんも安心できます。

◎ おもちゃ

ストレス発散や運動、遊びなどいろいろな場面で使えます。丈夫で咬みちぎれない物、丸呑みできない大きさの物を選びましょう。おもちゃを食べてしまうネコちゃんもいます、誤食防止のためおもちゃを出しっぱなしにするのはやめましょう。

 

◎ クレート(キャリーバック)

通院、災害避難時に必要となります。小さいころから慣らしておきましょう。

 

 

◎ お手入れグッズ

グルーミングブラシ、爪切りなどを準備しておくと、お手入れに便利です。

 

※ 環境の準備

ネコちゃんが行動できる範囲を決めて入ってはいけない場所には柵などを設置しておきましょう。特に玄関と窓は脱走されないよう、網戸や柵でしっかり対策をしておきましょう。
ネコちゃんが食べてしまう危険性があるものは片付けておきましょう。食べると中毒を起こす観葉植物、ビニール袋、薬、タバコ、紐…など。

 

※ 飼い始める前に知っておくこと

ネコちゃんがどんな動物なのか?ネコちゃんの習性を知り、自分の生活スタイルがあっているか検討しましょう。
ネコちゃんをどこで手に入れる?ペットショップやブリーダー以外にも譲渡会などで出会うことができます。
ネコちゃんの寿命は?生涯かかる費用は?平均寿命は15歳、20歳を超えることもあります。自らの健康面、経済面も合わせて判断が必要です。
動物病院はどこにあるのか、開いている曜日・時間は?ネコちゃんはいつ病気ケガをするかわかりません、緊急事態に対応できるようかかりつけ・夜間動物病院を調べておきましょう。

 

参考文献
ロイヤルカナンhttps://www.royalcanin.com/jp 専門医が教える猫を飼う前に読む本