Featured Article

獣医師コラム:香港で新型コロナウイルス感染者の飼育犬から弱陽性反応が出た事例について

獣医師コラム:香港で新型コロナウイルス感染者の飼育犬から弱陽性反応が出た事例について
新型コロナウイルスについて新たな情報がありましたので記事を追加いたしました。
香港で新型コロナウイルス感染者の飼育犬から弱陽性反応が出た事例がありました。
現時点で、日本獣医師会は以下のように説明しています。参考にしてください。
■香港・漁農自然護理署は 2 月 28 日、新型コロナウイルス感染者の家庭で飼育 されていた犬から同ウイルスの弱陽性反応が出たと発表しました。
しかし、日本獣医師会は、日本におけるペットの新型コロナウイルス感染は 現時点では問題とならないと考えます。
香港の例は、体にたまたま付着したウイルスの遺伝子を PCR で検出した可能性が考えられます。また、報告された事例は本件 1 例のみであり、犬にウイルス が感染し、犬の体内で増殖して排出されたと確認されてはいません。
むしろ本事例は、新型コロナウイルスが飼育者から犬に移行したものと考え るのが妥当であり、現時点では、飼育者がしっかりした感染防御の対応をとることが最も重要だと考えます。
【公益社団法人 日本獣医師会】
■また、飼育者が新型コロナウイルスに感染した場合ペットはどうしたら良いかと言う質問に、東京都獣医師会は以下のように説明しています。
Q:私は新型コロナウイルスに感染しました。ペット(犬猫)とどう接すればいいですか?
A:あなたが病院等、隔離された場所に行かなければならない場合には、安心してペットのお世話を頼 める人に預けましょう。 あなたとペットが室内で一緒に生活していたのであれば、患者であるあなたが暮らしていた部屋にペットを残し、お世話に通ってもらう方法は、感染対策上お勧めできません。 ペットを預ける場合、念のために、被毛を洗浄するか、またはペットと接する際にはマスクやグローブをつけてもらい、お世話をした後は、丁寧な手洗いを励行するようにお伝えください。
参考文献:2020.2.6 University of California, Davis