犬の膝蓋骨脱臼~通称パテラとは~

by Alice's Dog & Cat獣医師

Alice’s Dog&Cat 獣医師コラム 犬の膝蓋骨脱臼

ペットを動物病院へ連れて行った時に診察室で膝蓋骨脱臼(パテラ)がありますねと言われたことはありませんか?膝蓋骨脱臼は小型犬でよくみられる疾患です。脱臼が起きていても飼い主が気付いていないこともあります。ペットが膝蓋骨脱臼(パテラ)と言われた場合、手術をするべきか迷う方も多いのではないでしょうか?今回は膝蓋骨脱臼について詳しく解説いたします。

 

◎ 膝蓋骨脱臼とは

膝蓋骨脱臼は『パテラ』とも言われる疾患です。

膝蓋骨は解剖学の用語でPatella:パテラと言います。膝蓋骨は膝のお皿のことで、このお皿が内側や外側(ほとんどが内側)に脱臼してしまう疾患です。小型犬でよく発生します。

 

◎ 原因

・遺伝:先天的な骨や筋の異常が原因と考えられていますが、はっきりとした原因遺伝子はわかっていません。

・外傷:ジャンプや滑って転倒するなどが原因で脱臼してしまう。

 Alice’s Dog&Cat 獣医師コラム 犬の膝蓋骨脱臼

◎ 症状

膝蓋骨脱臼があっても症状が認められない場合もあります。

・足を浮かせる、足をケンケンする。

・びっこを引く。

・骨の変形、X脚になる。

・関節炎や前十字靭帯の損傷が起こることもあります。

・後肢の筋肉量に左右差が認められる。

 

◎ 診断

・触診:脱臼の程度によって4つのグレードに分類されます。

 

グレード1:膝蓋骨は手で押すと脱臼する、通常は正常な位置にある。

グレード2:膝蓋骨は頻繁に脱臼する、手で押せば整復できる。

グレード3:膝蓋骨は常に脱臼している、手で押せば整復できる。

グレード4:膝蓋骨は常に脱臼している、手で押しても整復できない。

 

・レントゲン検査

 

◎ 治療

保存療法(手術しない場合):症状がない場合や、年齢や併発疾患のため手術が行えない場合に適応。

・運動制限:ジャンプ、過度な運動を制限する。

・減量:肥満の場合、減量する。

・生活環境の改善:カーペットを敷くなど滑らない環境へ変える。

・関節炎治療の注射や痛み止めの内服をする。

 Alice’s Dog&Cat 獣医師コラム 犬の膝蓋骨脱臼

外科手術

・保存療法を行っても症状が続く場合。

・重度の跛行がある場合。

・痛みが頻回である場合。

・成長期で脱臼する頻度が増えている場合。

・膝関節の可動域に制限が出ている場合。

などが手術の適応となります。

手術方法は靭帯、筋、膝蓋骨のはまる溝の状態によって異なります。様々な術式があり状態を見て、術式を組み合わせて行うこともあります。

入院期間・手術費用は病院や術式によって多少異なりますが、1週間程度の入院で25万~となることが多いようです。

 Alice’s Dog&Cat 獣医師コラム 犬の膝蓋骨脱臼

◎ 予防

膝蓋骨脱臼は予防も重要です。太らせないこと、滑らない環境にすること、高いところからジャンプをさせないなど、膝蓋骨脱臼のあるなしにかかわらず気を付けましょう。

 

膝蓋骨脱臼は痛みを感じていない場合、手術するか迷うところですが、グレードや症状、ペットの年齢などを考慮して獣医師と相談し判断しましょう。

Alice’s Dog&Cat 獣医師コラム 犬の膝蓋骨脱臼

関節サプリメントを補助的に使用することもおすすめです。サプリメントは錠剤、粉末、顆粒、カプセルなど様々な種類が売られています。また、成分も異なります。ペットの症状に合ったサプリメントはどれか、投薬のしやすさ、続けられる金額も考慮して選びましょう。